VU Cool(ビュークール)

VU Coolについて

ビュークールによるわきが・多汗症治療
RF波と超音波で、ニオイ・汗の原因となる「アポクリン腺」、「エクリン腺」
を破壊!
VU CoolはフラクショナルRF(高周波)と超音波を組み合わせたわきが・多汗症治療です。フラクショナルRF波によるビューホットの照射は0.1mm単位で深さの調節が可能です。そのため深さを変えて、アポクリン腺やエクリン汗腺に対して最適な深さと出力で、汗腺にダメージを与えて破壊します。深さだけでなく、水平方向に均一に熱エネルギーが伝わることでより効果を高めています。また、特に浅い層にあるエクリン汗腺にダメージを与えようとすると皮膚表面にもダメージが伝わり、色素沈着が長引いたりする原因となります。そのため当クリニックでは、さらにウルセラクールによりエクリン腺やアポクリン腺を超音波により破壊していく治療の併用しています。ビューホットウルセラクールのそれぞれのメリットを活かした組み合わせわきが・多汗症治療、それが「VU Cool(ビュークール)」です。
エクリン汗腺とアポクリン汗腺

ビュークールは
「わきが」「すそわきが」
「チチガ(乳輪わきが)」

高い効果を発揮します。

ビュークール
  • 特徴1 1回の治療から効果を実感できる
  • 特徴2 皮膚を切らないので傷跡が残らない
  • 特徴3 長期的な効果の持続を期待できる
  • 特徴4 治療後の皮膚への負担が少ない

VU Coolの特徴

1.より確実に汗腺を除去
ビューホットとウルセラクールを組み合わせることで、ニオイや汗の原因となる汗腺をさらに確実に破壊していきます。
2.所要時間は片ワキ15~20分程度
治療前後の冷却と合わせて、1時間程度で終わります。すそわきがの治療もわきと同様の治療時間です。
3.治療後の制限がない
ビュークールは、治療後の負担が少ないため、特に日常生活に制限はありません。圧迫固定の必要もなく、当日からシャワーが可能です。
4.傷跡を残さず、キレイに治療
ビュークールは皮膚を切らない、機器による治療です。治療後は赤みや数カ月間の色素沈着が生じますが、時間と共に消失していきます。
5.細かい部分への照射が可能
わきの側胸部や乳輪、陰部(すそわきがの恥骨部・大陰唇)、肛門周囲など手術困難な部位にも対応しています。
6.他部位との同時治療も可能
ちちが(乳輪わきが)・すそわきが(陰部わきが)などの他の部位と同時にわきが・多汗症治療が行えます。
7.脱毛が生じない
ビュークールは脱毛が生じないので、男性の方のわきや外陰部にも毛を残して治療が可能です。
8.手術との違い
手術のように直接、汗腺を確認しながら除去するのとは異なり、すべての汗腺を熱破壊できるわけではありません。これが機器治療の短所です。

VU Cool治療の流れ

VU Coolによるわきが・多汗症治療の流れについてのご案内。

  • 治療部位のマーキング
    わき毛の範囲を基準に、照射部位のマーキングを行います。わき毛はすべて剃毛します。
    治療部位のマーキング
  • 麻酔
    極細の注射針を使用し、マーキング範囲にに局所麻酔を行います。ご希望の方は、局所麻酔前に麻酔クリームの使用も可能です。
    麻酔
  • ウルセラクールの照射
    ウルセラクールによる超音波の治療をマーキング範囲に行っていきます。症状に応じた層に照射していきます。
    麻酔が効いているので痛みの心配はありません。
    ウルセラクールの照射
  • ビューホットの照射
    ビューホットによるフラクショナルRF波による治療を行っていきます。浅い層から深い層まで段階的に照射します。
    ビュークールの照射
  • 治療終了
    治療後は、照射範囲全体に赤みが出ます。アイスによりしばらくの間、冷却を行います。
    軟膏を塗布し、ガーゼで保護を行い、ご帰宅となります。
    治療終了

VU Cool(ビュークール)
料金表

治療内容 部位 料金
VU Cool
(ビュークール)
わき 400,000円
ちちが
(乳輪わきが)
200,000円
すそわきが
(陰部わきが)
450,000円
すそわきが
(陰部+Oライン)
500,000円
  • ※2回目以降の治療は、割引料金で治療が受けられます。
  • ※表示価格は税抜価格です。
VU Coolによる副作用等の注意事項
日常生活 治療当日からシャワーが可能です。入浴・サウナ、飲酒、運動はお控えください。
通院 通常は通院の必要はありませんが、経過により通院が必要になることもあります。
また1ヶ月後や3ヶ月後の検診も行っています。
経過 赤み:1~2週間
色素沈着:2~6ヶ月前後
針痕:3~6ヶ月前後
違和感:1~4週間
しびれ感:1週間前後生じることがあります。
つっぱり感:1~4週間
発疹:数週間
痛み 必要に応じて、痛み止めをお渡しします。
機器 ビューホットはメトラス株式会社より輸入した医療機器です。
ウルセラは、株式会社メディカルロジックより輸入した医療機器です。
ウルトラセルQ+は、JeisysMedical社より輸入した医療機器です。日本国内にRF(高周波)・HIFU(高密度焦点式超音波)を機序とするわきが・多汗症治療目的の承認機器はありません。
ビューホットは、ヨーロッパCEマーク・韓国MFDSを取得しています。
ウルセラは、アメリカFDA・ヨーロッパCEマーク・韓国MFDSを取得しています。
ウルトラセルQ+は、ヨーロッパCEマーク・韓国MFDSを取得しています。
副作用等

色素沈着の持続・つっぱり感・違和感・
火傷・感染・毛嚢炎等

稀ですが、皮膚の色素沈着や硬結、硬縮が持続することがあります。また皮膚への負荷により、表皮剥離や潰瘍を形成することがあります。これらが生じた場合でも通常は時間の経過とともに消失していきます。機器メーカからの症例からも報告されています。これらは体質などにより一定の割合で生じる可能性があります。
治療後に上記が見られたり、困ったことがありましたらできるだけ早く回復するように治療を行いますのでクリニックまでご連絡ください。

VU Coolのよくある質問

機器による治療の治療時間はどのくらいかかりますか?
治療時間は、通常40分前後です。
ビュークールはどのくらい効果がありますか?
アポクリン腺とエクリン汗腺、両方を焼却・破壊しますので高い効果が望める治療法です。
ビュークールは1回の治療で完治しますか?
個人差はありますが、通常1回の治療でほとんどの方が気にならなくなります。2回照射を行うこともあります。
わきにわきが手術の傷跡がある場合でもビュークールで治療はできますか?
治療可能です。わきがの外科治療を受けた方の再治療としても行っています。
ビュークールの治療は年齢制限はありますか?

治療に年齢制限はありませんが、治療中に安静を保てる年齢からになります。小学校高学年頃から治療を受けられる方もいらっしゃいます。未成年の方は、保護者の同伴が必要になります。
同意書をダウンロード後、必要事項をご記入の上、来院時にご持参ください。

ビュークールの治療は治療後に痛みや腫れはありますか?
個人差はありますが、赤みに伴う、ヒリヒリとした感じは感じることがあります。ヒリヒリ感は通常数日で落ち着いてきます。
脱毛をしていますがビュークールの治療は受けられますか?
脱毛で通院中の方は一度脱毛を中断していただきます。ウルセラクール治療後約1ヶ月後より脱毛治療が可能です。
ビュークールの治療後のケアは何か必要ですか?
施術後、当日から通常通りの生活が出来るのが一つの大きなメリットです。しかし、わきの皮下組織は熱傷をしたような状態ですので、激しい運動は避けて下さい。
ページの先頭へ戻る