ウルセラクール

ウルセラクールによるわきが・多汗症治療

ウルセラクールは、超音波によるわきが・多汗症治療です。
わきが・多汗症の治療は、今まで主に手術による治療が行われていました。皮膚の切開を伴うため日常生活に制限が必要だったり、傷跡が残る、皮膚が突っ張る、違和感を感じるなどがありました。それに対して注射のみで行う治療「発汗抑制注射」は、負担の少ないわきが・多汗症治療です。しかし、発汗抑制注射は3~4ヶ月ほどで効果が弱まってくるため定期的に治療を行う必要があり、わきが・多汗症そのもの改善する治療ではありません。
当院では、これまで「前立腺がん」などで使用もされている高密度焦点式超音波(HIFU)による「ウルセラシステム」「ウルトラセルQ+」をわきが・多汗症の治療の一つとして使用しています。ウルセラクールは、従来の手術のように切開をする必要がなく、「発汗抑制注射」のように定期的に行うの必要がないわきが・多汗症治療です。

ウルセラクールについて

ウルセラの仕組み

高密度焦点式超音波(HIFU)は超音波の熱エネルギーによる治療で、顔のたるみ治療や前立腺がん治療にも使用されています。
ウルセラクールによるわきが・多汗症治療はUlthera社のUlthera system、Jeisys Medical社のUltracel Q+を使用し、汗腺の層に焦点を合わせ集中的に熱損傷を与えることによって汗腺を破壊し、汗やニオイを抑えます。

こんな方におススメ!

  • 1回の治療で
    効果を出したい
  • 手術は
    したくない
  • 繰り返す治療は
    したくない

ウルセラクールの特徴

1.効果の高い治療
ウルセラクールは、超音波により汗やニオイの原因となるアポクリン汗腺、エクリン汗腺を破壊することでわきが・多汗症を改善します。高密度の超音波を焦点式に一点に集中して照射することで汗腺にしっかり熱変性を起こします。
2.切らないから傷が残らない
ウルセラクールは機器による治療です。皮膚の切開は行いません。皮膚の表面から高密度焦点式超音波(HIFU)を照射して汗腺を破壊する皮膚を切らない治療です。
3.治療時間、ダウンタイムが短い
ウルセラクールはワキの皮膚を切らない治療のため、治療後に赤みは生じますがダウンタイムが少ないのが特徴です。治療当日から日常生活をおくれます。治療後も特別な制限なく日常生活が可能です。
ウルセラクールによる副作用等の注意事項
日常生活 治療当日からシャワーが可能です。入浴・サウナ、飲酒、運動はお控えください。
通院 通常は通院の必要はありませんが、経過により通院が必要になることもあります。
また1ヶ月後や3ヶ月後の検診も行っています。
経過 赤み:1~2週間
色素沈着:2~6ヶ月前後
違和感:1~4週間
しびれ感:1週間前後
つっぱり感:1~4週間
発疹:数週間
痛み 必要に応じて、痛み止めをお渡しします。
機器 ウルセラは、株式会社メディカルロジックより輸入した医療機器です。
日本国内にHIFU(高密度焦点式超音波)を機序とするわきが・多汗症治療目的の承認機はありません。
アメリカFDA、ヨーロッパCEマーク、韓国MFDSを取得しています。
電子機器(ペースメーカー等)を使用されている方は治療が行えません。
副作用等

色素沈着の持続・つっぱり感・違和感・
火傷・感染・毛嚢炎等

稀ですが、皮膚の色素沈着や硬結、硬縮が持続することがあります。また皮膚への負荷により、表皮剥離や潰瘍を形成することがあります。これらが生じた場合でも通常は時間の経過とともに消失していきます。機器メーカからの症例からも報告されています。これらは体質などにより一定の割合で生じる可能性があります。
治療後に上記が見られたり、困ったことがありましたらできるだけ早く回復するように治療を行いますのでクリニックまでご連絡ください。

ウルセラクール治療の流れ

  • 治療部位のマーキング
    腋毛の範囲を中心に発汗の多い範囲を確認しながら、わき全体にマーキングを行います。
    治療部位のマーキング
  • 麻酔
    極細の注射針を使用しワキ全体に局所麻酔を行います。
    麻酔
  • ウルセラクールの照射
    ワキのマーキングした部分に照射を行います。照射時間は、15~20分前後です。麻酔が効いているので痛みはありません。
    ウルセラクールの照射
  • 治療終了
    照射後はワキ全体にほんのり赤みが生じることがあります。皮膚を冷却して、赤みを抑えます。
    治療終了

日常の過ごし方

日常の過ごし方
  • 当日からシャワーが可能です。
  • シャワー後に軟膏を塗っていただきます。
  • 当日のみ飲酒や運動はお控えください。
  • 日常生活に制限はありません。
  • 自分では気づきにくいデリケートゾーンのニオイ「すそわきが治療」(男性のすそわきがも治療可能)
  • 一人で悩まない!乳首や乳輪からニオイを感じる方に「ちちが(乳輪わきが)治療」

ウルセラクール料金表

治療内容 部位 料金
ウルセラクール
わき 300,000円
ちちが
(乳輪わきが)
150,000円
すそわきが
(陰部わきが)
350,000円
すそわきが
(陰部+Oライン)
400,000円
  • ※2回目以降の治療は、割引料金で治療が受けられます。
  • ※表示価格は税抜価格です。

ウルセラクールの
よくある質問

ウルセラクールの治療時間はどのくらいかかりますか?
治療時間は、通常15~20分程度です。
ウルセラクールはどのくらい効果がありますか?
アポクリン腺とエクリン汗腺、両方を焼却しますので高い効果が望める治療法です。
ウルセラクールは1回の治療で完治しますか?
1回で100%の汗腺がなくなるわけではありませんが、通常1回の治療で気にならなくなる方がほとんどです。(個人差もあるため、2回照射が必要なこともあります。)
わきが手術の傷跡がある場合でもウルセラクールで治療はできますか?
治療が可能です。わきがの外科治療を受けた方の再治療としてもウルセラクールを行っています。
ウルセラクールの治療は年齢制限はありますか?

年齢制限はありません。小学生の治療も行っています。未成年の方は、保護者の同伴をお願いしております。
同意書をダウンロード後、必要事項をご記入・捺印の上、来院時にご持参ください。

ウルセラクールの治療は痛みや腫れはありますか?
個人差はありますが、多少ヒリヒリとした感じや治療部位のむくみが出る場合があります。通常、当日〜翌日には改善します。
脱毛をしていますがウルセラクールの治療は受けられますか?
脱毛で通院中の方は、皮膚の赤み等が落ち着くまで脱毛は行えません。ウルセラクール治療後は、約1ヶ月後より脱毛治療が可能です。
ウルセラクールの治療後のケアは必要ですか?
治療後、当日から通常通りの日常生活が行えます。当日は、飲酒や運動は避けて下さい。
ページの先頭へ戻る