ビューホット

ビューホットについて

ビューホット治療について

ビューホットは高周波(RF波)を使用した「切らないわきが・多汗症治療」です。
機器の先端から照射の針をわきの皮膚の汗腺の深さまで刺入し、針先から高周波を照射していきます。皮膚の表面を保護するためにクーリングプレート(冷却板)で冷やしながら行います。ビューホットで使用する照射針の深度は0.1mm単位で調節が可能です。そのため皮膚の厚さを考慮し、5~6段階に深さを変えて各深度で適切な出力で照射を行っていきます。ビューホットは、汗やニオイの原因となるエクリン腺・アポクリン腺の深さに狙いを定めて照射することが可能です。このようにビューホットによるわきが・多汗症治療は、汗腺をターゲットとして直接、熱変性させることができるので、他の組織へのダメージも抑えて治療を行っていきます。

  • ビューホットの仕組み

    機器先端のクーリングプレートにより熱傷や色素沈着などを抑えます。ニードルは設定通りに刺入され、5〜6段階の深さで高周波を照射し、アポクリン腺、エクリン腺を破壊、汗のもとを断ちます。

  • ビューホットの先端

    ビューホットで使用する照射針は深度は0.1mm単位で微調節ができます。それぞれの皮膚の厚さに合わせて適切な深さに調整し、エクリン腺・アポクリン腺に照射して破壊することが可能です。

ビューホットの特徴

1.95%の臨床結果
ビューホットで施術を受けた多くの方が、汗やニオイが気にならなくなったと効果を実感していらっしゃいます。
2.所要時間は片ワキ10~15分程度
一般的な高周波治療の1/3の時間で施術完了です。
3.施術後の制限がない
ビューホットは施術後の負担が少ないため、特に日常生活に制限はありません。圧迫固定の必要もなく、当日からシャワーが可能。
4.傷跡がなくキレイに治療
ビューホットは皮膚を切らない、機器による治療です。治療後は赤みや数カ月間の色素沈着が生じますが、時間と共に消失していきます。
5.細かい部分への照射が可能
わきの側胸部や乳輪、陰部(すそわきがの恥骨部・大陰唇)、肛門周囲など手術困難な部位にも対応。
6.他部位との同時治療も可能
ちちが(乳輪わきが)やすそわきが(陰部わきが)などの他の部位と同時に治療が行えます。
7.脱毛が生じない
脱毛が生じないので、男性の方や外陰部にも毛を残して治療が可能です。
8.手術との違い
手術のように直接、汗腺を確認しながら除去するのとは異なり、すべての汗腺を熱破壊できるわけではありません。これが機器治療の短所です。
ビューホットによるわきが治療

切らずにRF(高周波)で皮膚内の
エクリン腺・
アポクリン腺を熱破壊

ビューホットの照射
  • 照射針を皮下1mmの深さから0.5mm刻みで
    5〜6段階に深度を変えて刺入
  • *
  • 各深さで適切な出力に調整し、
    エクリン腺・アポクリン腺に高周波を照射

ビューホットは
こんな方におすすめ!

  • 1回の治療で効果を希望される方
  • 短時間の施術を希望する方
  • 手術による傷跡を残したくない方
  • 繰り返しの治療はしたくない方
  • 日常生活や仕事を
    制限したくない方

ビューホットによるわきが・多汗症治療

ビューホット徹底比較

ビューホット レーザー装置に
よる多汗症治療
一般的な
多汗症の手術
麻酔 局所麻酔 局所麻酔 局所麻酔
切開 なし 機器を挿入するため、1cm程の切開が
必要
剪除法は、わき中央部に約5cmの切開線が残る
治療時間 約20分 約60分 60~90分
治療後の
ケア
赤み・色素沈着
軟膏(外用薬)の塗布
固定や抜糸が必要なこと
あり
3日間位の固定や抜糸が
必要
シャワー・
入浴
当日からシャワーが可能 固定がある場合は外れてから洗浄が可能 固定中は患部を
濡らせない
傷跡 切らない治療 小さい傷が
残る
切開の傷が
残る
再発の
可能性
状態により2回目の
治療が必要
状態により2回目の治療が必要 ほとんどない

ビューホット治療の流れ

ビューホットによるわきが・多汗症治療の流れについてのご案内。

  • 治療部位のマーキング
    わき毛の範囲を基準に、照射部位のマーキングを行います。わき毛はすべて剃毛します。
    汗やニオイのカウンセリング
  • 麻酔
    極細の注射針を使用し、マーキング範囲にに局所麻酔を行います。ご希望の方は、局所麻酔前に麻酔クリームの使用も可能です。すそわきが・手のひら・足のうらは、ガス麻酔の併用をお勧めします。
    麻酔
  • ビューホットの照射
    ビューホットによるフラクショナルRF波による治療を行っていきます。浅い層から深い層まで段階的に照射します。
    ビューホット照射
  • 治療終了
    治療後は、照射範囲全体に赤みが出ます。アイスによりしばらくの間、冷却を行います。
    軟膏を塗布し、ガーゼで保護を行い、ご帰宅となります。
    治療終了

ビューホット料金表

わきが・多汗症治療
治療内容 部位 料金
ビューホット
わき 300,000円
ちちが
(乳輪わきが)
150,000円
すそわきが
(陰部わきが)
350,000円
すそわきが
(陰部+Oライン)
400,000円
  • ※2回目以降の治療は、割引料金で治療が受けられます。
  • ※表示価格は税抜価格です。
多汗症治療(手・足・背中)
治療内容 部位 料金
ビューホット
わき 300,000円
手のひら 300,000円
足のうら 300,000円
背中 330,000円
  • ※ガス麻酔併用の場合:+50,000円
  • ※2回目以降の治療は、割引料金で治療が受けられます。
  • ※表示価格は税抜価格です。
ビューホットによる副作用等の注意事項
日常生活 治療当日からシャワーが可能です。入浴・サウナ、飲酒、運動はお控えください。
通院 通常は通院の必要はありませんが、経過により通院が必要になることもあります。
また1ヶ月後や3ヶ月後の検診も行っています。
経過 赤み:1~2週間
色素沈着:2~6ヶ月前後
違和感:1~4週間
しびれ感:1週間前後
つっぱり感:1~4週間
発疹:数週間
痛み 必要に応じて、痛み止めをお渡しします。
機器 ビューホットはメトラス株式会社より輸入した医療機器です。日本国内にRF(高周波)を機序とするわきが・多汗症治療目的の承認機器はありません。
ヨーロッパCEマーク・韓国MFDSを取得しています。
副作用等

色素沈着の持続・つっぱり感・違和感・
火傷・感染・毛嚢炎等

稀ですが、皮膚の色素沈着や硬結、硬縮が持続することがあります。また皮膚への負荷により、表皮剥離や潰瘍を形成することがあります。これらが生じた場合でも通常は時間の経過とともに消失していきます。機器メーカからの症例からも報告されています。これらは体質などにより一定の割合で生じる可能性があります。
治療後に上記が見られたり、困ったことがありましたらできるだけ早く回復するように治療を行いますのでクリニックまでご連絡ください。

ビューホット 臨床成績・論文

わきが(腋臭症)の治療法としては、剪除法を代表とする外科治療や、塩化アルミニウムをはじめとした薬剤治療が存在している。そのような状況の中で、外科治療と薬剤治療の中間的なポジションと位置づけられ、ここ数年の間に品質の改善が施され、その効果が実証されつつあると考えられるのがラジオ波(RF)を使った治療機器である「ビューホット」である。患者の多くはダウンタイムが短く、かつ効果が半永久的に続くものを望んでいるが、それに答える可能性を持つのが本機器であると考えている。
今回、筆者の自験例235例(腋臭症合計 228,腋窩多汗症単独 7)について集計を行ったところ、6~12ヶ月後のフォローアップにおいて2回以上の治療を要する患者は3%のみであった。今後、本治療法が外科的治療に匹敵する治療医自立が得られるかどうか、より長期的に観察していきたい。
出典:フラクショナルニードルRF機器「ビューホット」によるわきが治療の手技,プロトコールおよび臨床成績
診療と新薬 第54巻 第5号 別冊/2017年5月28日(5月号)発行/医事出版社,総括を一部引用抜粋

ビューホットの
よくある質問

治療時間はどれぐらいですか?
ビューホットの治療時間は個人差、また施術の範囲によっても異なりますが、10分から40分の治療です。カウンセリングから治療までの全てのお時間は1時間半から2時間です。
カウンセリングの当日に治療もできますか?
当日、カウンセリングから治療まで可能です。
当院は遠方からも多くの方にお越しいただいています。
当日治療まで受けられる方が多くいらっしゃいます。
痛みはどれぐらいですか?
治療する部位によりますが、局所麻酔を使う施術となります。その際は、注射の痛みが少しあるだけで、ビューホットそのものの痛みはございません。無痛麻酔のご用意もございますので、ご相談ください。
手の平、足裏のビューホット治療は眠る麻酔を使用しますので痛みはありません。
ダウンタイムはどれぐらいですか?
個人差はありますが、赤みや腫れ、痛みが2~3日、出る方もいらっしゃいます。
ビューホットの針跡はカサブタになり1週間くらいで消失します。
ビューホット治療は何歳から受けれますか?
保護者の方同伴であれば何歳からでも受けられます。
当院では小学5年生から治療実績があります。
ビューホットの治療後の注意事項はありますか?
治療当日からシャワー入浴可能ですが、治療をされた部位は優しく洗ってください。
入浴後に処方した軟膏を塗布してください。
仕事はいつからできますか?
日常生活に支障はありませんので、お仕事、学校等への影響はありません。
ビューホットでの多汗症治療の適応部位は?
基本的にはどこでも治療可能となります。
多汗症の治療で一番多い部位は手の平、足裏です。
その他、お尻や胸、背中、顔、頭部などのビューホット治療も多く実績がございます。
過去に手術を受けているのですが、ビューホット治療を受けられますか?
「剪除法」や「吸引法」や「他のレーザー治療」を受けられて方でもビューホットは
治療可能です。
他の治療で効果を得られなかった方や再発してしまった方も当院には多くいらっしゃいます。
効果はどのぐらいで実感できますか?
ビューホットで汗腺を焼却していますので皮下では炎症が起きています。そのため効果が安定するまでに1ヶ月位かかる方もいらっしゃいます。
代償性発汗がおこることはありますか?
ETS手術(神経ブロック)のような神経を触る手術の場合には代償性発汗がおこることがありますが、ビューホットは直接気になる部位のエクリン汗腺を焼却し汗を抑えていきますので、他の部位の汗が多くなる心配はありません。
ページの先頭へ戻る