わきが・多汗症について

わきが・多汗症の原因

汗の原因となる汗腺は、アポクリン汗腺とエクリン汗腺の2種類があります。わきが(腋臭症)のニオイの原因は主にアポクリン汗腺からの汗です。またアポクリン腺から出る汗が皮脂腺から分泌された皮脂と合わさったり、それらが皮膚の常在菌で分解されることでより強いニオイとなります。「アポクリン汗腺」は誰にでもありますが、特にアポクリン汗腺の量が多い人や粒が大きい人がより強い臭いを生じます。わきがは遺伝に従う場合が多く、耳垢が湿っている人の80%にわきががあるとされています。また耳孔や乳輪、陰部のニオイを伴うこともあります。
多汗症はエクリン汗腺から過剰に汗が分泌される状態です。わきや手のひら・足の裏・頭部に多く見られます。

エクリン汗腺とアポクリン汗腺

エクリン腺

人間の身体のほぼ全体に分布されているエクリン腺は、体温調整の役割を持っています。エクリン汗腺は、皮膚の表面の浅い所に位置しています。エクリン腺の成分は水分99%、塩分1%でできており、ほとんど臭いはありません。

アポクリン腺

アポクリン腺は身体の特定部分(わきの下、乳輪・乳頭、陰部、耳のなかなど)に位置する汗腺です。脂質やタンパク質成分が含まれており、この汗が皮膚の錠剤細菌で分解されると独特の臭いを発するようになります。 わきがのニオイの原因になります。ニオイが強い方は、アポクリン汗腺が多い傾向があります。汗の成分は発汗の原因によって変わりますが、緊張などのストレスを受けて出る汗はアポクリン汗腺からの汗が多く含まれており、脂汗とも呼ばれるように粘度も高くなっています。わきがは、思春期頃に発症し20歳代にピークがあることや月経前や月経時に強くなります。また動物性脂肪やコレステロールの摂取は、皮脂の分泌を増加させるため、わきがのニオイを強くする原因となります。

皮脂(皮脂腺)

皮脂腺から分泌される脂分は髪の毛や皮膚の表面を保護するという大切な役割があります。しかし分泌物には様々な脂肪酸が含まれるため、汗と共に皮膚の常在菌に分解されることでわきがのニオイを強める働きもあります。

細菌(常在菌)

ヒトの皮膚には、黄色ブドウ球菌、表皮ブドウ球菌、アクネ桿菌などの常在菌群がいます。常在菌は皮膚のバリアとしての役割もあり、通常ヒトに害があるものではありません。しかし、わきのように蒸れやすく常在菌が多く繁殖する環境下では、わきがのニオイが強くなる原因になります。

わきがについて

わきがは「腋臭症」とも呼ばれ、アポクリン腺から分泌される汗が皮膚の常在菌の働きや皮脂と混ざり、特有のニオイを発してしまう状態です。元々、一つ一つのアポクリン汗腺の大きい体質とされています。アポクリン汗腺は、わきの他に乳輪周囲や陰部に存在しています。わきがの特有のニオイは、酸っぱいニオイ、雑巾のニオイ、鉛筆の芯のニオイ、玉ねぎのニオイなどと表現されたりしています。またアポクリン汗腺の成分であるリポフスチンが、下着や洋服の黄ばみの原因になります。
わきがの症状は、主にニオイです。汗が多い場合は多汗症になりますが、わきがと多汗症が併発している方も多くいらっしゃいます。わきがや多汗症の治療は、このような汗の原因となる汗腺を手術や機器によりなくしていく治療です。

わきがの遺伝について

わきが(腋臭症)は家族性があり、遺伝の影響を受けます。耳垢が湿っている方の場合は、80%にわきがのニオイの症状があります。わきがはアプクリン汗腺からの汗が主な原因になりますが、遺伝によりこの汗腺が、多かったり、大きくなったりすることによりニオイの影響を受けます。わきがでも日本人ではわきがのニオイの程度が強い人は少ないですが、欧米人では特に強いわきがのニオイを発する人がいます。

わきがセルフチェック

わきがにニオイは自分でも気づきにくい時があります。「わきがかな?」と気になったら、チェックシートで確認しましょう。チェック項目が多いほどわきが(腋臭症)である可能性が高くなります。
チェック項目が多かった方は、お問い合わせフォームまたはお電話(0120-013-909)よりお気軽にご相談ください。

  • 家族にわきがの人がいる
  • わきの下に、たくさん汗をかく
  • 耳垢が湿っている
  • 乳輪や陰部も匂う気がする
  • 毛深い方だ
  • ストレスを多く感じる
  • 肉類や脂っこい食べ物が好き
  • 他人から臭いを指摘されたことがある
  • シャツのわきの部分に色が付くとがある
  • 自分で自分の臭いが気になる

多汗症について

多汗症は、わきや手のひら、足の裏、背中、頭部などに目立つ程の多くの汗が分泌されてしまう状態です。多汗症の原因として、精神的な影響や食生活、ホルモンバランス、他の疾患の合併などの要因により交感神経が過剰に働き、エクリン腺から多量の汗が分泌されると考えられています。
日常生活において、誰でも緊張や不安を感じるとわきや背中、手・足に汗をかくことはありますが、多汗症では大量の汗が見られます。わきの汗ではシャツまで染みてしまう、手の汗では手が湿っている程度や見た目で分かる程の汗で濡れている状態で、握手ができない、書類やノートの紙が濡れてしまうなどの悩みをお持ちの方もいらっしゃいます。多汗症の分類には、腋窩多汗症、手掌多汗症、足蹠多汗症、頭部・顔面多汗症、胸部・背中多汗症等があります。
わきや手足、背中、頭部の汗は、自律神経の交感神経が関係しています。交感神経の刺激により、エクリン汗腺から汗が分泌されます。エクリン汗腺から出される汗は、99%が水分、1%が塩分で構成されニオイもなくサラサラしている汗です。エクリン汗腺はほぼ全身に分布しており、体温調節の役割などをしています。以前からわきの多汗症においては手術による治療を行っていましたが、手足や背中等は手術による治療を行うことができませんでした。現在は、フラクショナルRFのビューホットによる機器による治療により、わきだけでなく、手足や背中、陰部などの汗の治療が可能になりました。

治療法の選び方

わきが・多汗症治療の選び方

わきが・多汗症の治療法は「手術」、「注射」、「機器」の3つの治療法があります。手術による「剪除法(せんじょほう)」や「シェービング法(イナバ式)」などの治療は、皮膚の切開を行い、わきがのニオイの原因となるアポクリン腺や汗の量に関係するエクリン汗腺を直接取り除くことができる方法です。しかし手術による治療は、治療後しばらく日常生活に制限が必要なことや傷跡の残りがあります。
注射は「発汗抑制注射」による治療があります。手軽な治療ですが、汗の量に関係するエクリン汗腺のみに作用するためニオイへの効果が弱いことや数カ月からワンシーズンで効果が切れてしまうため定期的に治療を行うことが必要になります。
近年は、機器によるわきが・多汗症治療を多く行っています。手術のように100%の汗腺を取り除くことはできませんが、フラクショナルRF(高周波)や超音波により汗腺を破壊します。これまでの手術によるダウンタイムや繰り返し治療が必要な注射によるデメリットを補い、効率的な効果と長期間にニオイや汗を抑えます。ほとんどの方が通常1回の治療でニオイや汗が気にならなくなります。

  • 自分では気づきにくいデリケートゾーンのニオイ「すそわきが治療」(男性のすそわきがも治療可能)
  • 乳首や乳輪からニオイを感じる方に「ちちが(乳輪わきが)治療」

わきが治療の再発

手術のシェービング法によるわきが・多汗症治療の場合、直接汗腺の状態を確認できるためより確実に多くのアポクリン汗腺・エクリン汗腺の除去が起こなえます。そのため再発の可能性が一番低い治療方法です。当クリニックにおいても2回手術を受けられた方はいらっしゃいません。手術においても多少の汗腺の再生の可能性はあると思われます。しかし再生したとしても汗腺の量は通常の一般の方よりずっと少ないためニオイや汗はほとんど気にならない状態だと思われます。汗腺の再生については、残った汗腺の自体の再生やホルモンバランス、2次成長などが考えられます。機器による治療による汗腺の除去は、80%前後の除去率とされています。残っている汗腺が多くなる分、手術による治療に比べ再発の可能性は高くなりますが、VU Coolやビューホットなどの機器よる治療は、切らない治療により日常生活に特別な制限がなく、ダウンタイムも短い治療です。治療方法により、特徴が異なりますのでカウンセリングにより詳しくご案内させて頂きます。他院にて一度手術による治療を受けられている方でも、機器による治療を行えます。

自分でできる汗のセルフケア・対策

  • 食生活:和食の動物性たんぱく質や脂質を控えた食事を心がけましょう。
  • 衣類:通気性や吸収性のよいコットン素材がお勧めです。
  • 拭き取りシート:汗が分解されることでニオイが強くなるため、その前に拭き取ります。汗の量や頻度が多い場合や人前で使用するのは難しくなります。
  • ロールオンタイプ:デオドラントや消臭成分を直接わきに塗ります。汗腺にふたをすることで、発汗を抑えたり、常在菌の増殖を抑える状態にします。

  • セルフケアには手軽にできる、こっそりできるなどのメリットがありますが、その都度やり続ける必要があります。それでも汗の量が多い方や汗の頻度が多い方は、手間がさらにかかってしまったり、人が前ではできないといったことがストレスになってしまうこともあります。

    ニオイの統計・市場調査

  • 自分のニオイが気になったことがある・・・90% 1)
  • 日常生活の中で汗のニオイが気になる・・・男性:83% 女性:89% 2)
  • パートナーがニオイケアをしていると好感度があがる・・・89% 2)
  • 職場の身だしなみで「どうにかしてほしいこと」・・・1位 ニオイ 3)
  • 出典:
    1)「ニオイと汗」に関するWEBアンケート(n=1047)2017年 株式会社ドゥ・ハウス
    2)「汗のニオイ」に関する調査(n=500)2017年 株式会社資生堂
    3)職場の身だしなみとニオイに関する意識調査(n=1117)2014年 株式会社マンダム

    汗の統計・市場調査

  • 汗はかきたくない、目立たないようにしたい・・・20・30代女性の90% 1)
  • 異性の汗で気になるところ第1位・・・男性:わき汗(66%) 女性:わき汗(75.3%) 2)
  • 汗をかいたときに時に困ること・・・わきの下に汗染みができる(64%) 2)
  • 汗や蒸れを感じることはあるか・・・わき:90% 足:77% 3)
  • 出典:
    1)「汗と制汗剤」についてのアンケート(n=4731)2016年 インターワイヤード株式会社
    2)アンケート調査(n=3067)2015年 株式会社ワコール
    3)汗やムレに関する意識調査(n=509)2011年 トリンプ・インターナショナル・ジャパン株式会社

    ページの先頭へ戻る